美肌 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

美肌をめざす方に薦める栄養素

皮膚のメカニズム

皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3つの層から作られていますが、通常肌と呼んでいる部分は表皮と真皮の部分です。表皮はさらに4つの層に分かれていて一番下の基底層では絶えず新しい細胞や色素細胞が作られています。細胞は上部にいくにつれて姿を変えて表面近くでは角質層の細胞になります。そして最後には表面から少しずつ剥がれ落ちて皮膚細胞は通常28日周期で生まれ変わっていきます。ところが、角質層に古い細胞がいつまでも居座っていると皮膚が固くカサカサになります。また基底層では、色素細胞が紫外線の刺激を受けると過剰にメラニン色素を作り、紫外線を吸収しようとしますが、角質層での皮膚細胞の代謝が悪いとメラニン色素の代謝もされにくくなってしまいシミの原因となります。また美しい肌のバロメーターとなるのが、真皮にあるコラーゲンエラスチンの状態です。この二つの組織がヒアルロン酸コンドロイチンなど水分を溜め込む成分を蓄えて肌のうるおいと弾力をたもっています。

肌がこんな症状の時は要注意

コラーゲンエラスチンを作る腺芽細胞は年齢と共に少なくなる為コラーゲンエラスチンも年齢と共にげんしょうしていきます。その結果、肌のうるおいが失われ小じわも出来やすくなってしまします。またメラニン色素の代謝のサイクルが加齢と共に遅くなると同時に色素の分布にもムラができるようになってしまいます。しみが出来やすくなってしまうのはこのためです。もちろん年齢に関係なく日焼けをしすぎてしまうとメラニン色素が沈着してしみになってしまします。

美肌づくりの為に

肌のうるおいを保つには当然のことながらヒアルロン酸コンドロイチンなどの潤い成分やコラーゲンエラスチンなどを直接取ることが大事です。しかし、それだけでなく腺芽細胞を活性化させコラーゲンを作ってくれるビタミンCエラスチンを作ってくれるビタミンB2なども重要になってきます。また肌の新陳代謝を活発に保つには肌への血流をよくすることが大事です。そこで、血管拡張作用のあるビタミンEイチョウ葉エキスなども効果的です。また肌の水分を保つアロエや抗酸化作用のあるピクノジェノール・フラバンジェノール(いずれも商標)なども活用するといいとおもわれます。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved