頻尿 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

トイレが近い方に薦める栄養素

頻尿のメカニズム

尿の回数が多いことを頻尿といい、これは立派な病状です。尿量が多い場合と、層でない場合があります。一般的な成人の尿量は1日に1から1.5Lで3L以上だと多尿と呼ばれます。1日の排尿回数は日中で5回前後、夜間は0から1が普通です。10回以上になると頻尿と呼ばれます。頻尿の原因としては、まず体の冷えがあります。体が冷えると、膀胱が刺激されたり、腎臓の働きが低下するため、尿が濃縮できなくなります。緊張やストレスが原因となる場合もあります。試験前などで緊張すると、尿意を催すとゆうものです。妊婦は膀胱が子宮に圧迫されて、1回の尿量は少ないが頻尿になる場合があります。

頻尿の症状をほうっておくと

頻尿であっても一過性のものであれば、気にしなくても大丈夫です。しかし、毎日続くときは病気が原因と考えられます。主な病気として、急性膀胱炎、尿道炎、尿路結石、前立腺肥大などがあります。多尿も伴う場合は糖尿病、尿崩症、急性・慢性腎不全などがあります。病気の場合、泡立ち、残尿感など、その他の症状も伴うことが多くあります。膀胱炎は20から30代の女性に多く見られます。男性に比べて尿道が短く細菌が膀胱に到達しやすい為、性生活との関連が指摘されていますが、ついトイレを我慢してしまうことも大きな要因になっています。1回の尿量は少ないのに頻尿で、排尿痛や濁りもある場合は、適切な治療を受けないと慢性化したり、腎盂腎炎になることもあるので侮れません。前立腺肥大は中高年の男性に多く、老化現象の一つです。夜間の排尿が多くなり、尿の出が悪くなり、残尿感もあります。ほうっておくと尿毒症や腎不全になることもあります。糖尿病の場合、頻尿や多尿のほか尿が甘酸っぱく臭い、のどの渇きを伴います。ほうっておくと命にかかわる合併症を引き起こすことがあります。夜間頻尿の場合は心臓や腎臓に異常があることもあります。いずれにしても医師の治療が必要です。

頻尿、改善・予防の為に

血液循環をよくするビタミンEを多く含むナッツ類、魚類、かぼちゃなどを摂ることをおすすめします。サプリメントで摂る場合は、脂肪分と一緒に摂ると効率よく吸収されます。ヤマイモは頻尿の特効薬とされています。前立腺肥大にはノコギリヤシが効果があるそうです。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved