心臓病 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

心臓病が心配な方に薦める栄養素

心臓病のメカニズム

心臓病の中でも、特に患者が増えつづけているのが、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患です。心筋が一過性の虚血状態に陥って、生じる疼痛発作が狭心症です。虚血状態は、血管が痙攣することによって起こったり、冠状動脈に明らかな狭窄が認められることもあります。疼痛の持続は多くは数分以内であり、それ以上長く続くときは、心筋梗塞の可能性を考えなければならない。心筋梗塞は、冠状動脈の閉塞によってもたらされる心筋壊死です。発作と共に、心不全や肺水腫、心臓麻痺など重大な合併症を併発して、命にかかわる危険があります。その他の心臓病には、高血圧が続いて心室内部が狭くなり、送り出せる血液量が減少する高血圧性心不全や、リウマチ熱などの影響で、弁の機能が低下する心臓弁膜症などがあります。

心臓病こんな症状は要注意

激しい運動をしたときなどに、締め付けられるような胸の痛みが、数分から10分程度続くようなら、狭心症の可能性が高い。心筋梗塞になると、痛みはさらに強く、痛みの持続時間も30分から2時間に及びます。いずれの場合にも、できるだけ早く専門医の診察を受けることをおすすめします。

心臓病予防の為に

心臓病は、禁煙や適度な運動など生活習慣の改善によって、発病のリスクを大きく下げることができます。中でも重要なのは、動脈硬化を予防することです。動物性脂肪の摂取量を減らし、カロリーを抑えることが重要です。その上で、食事も血中コレステロールや中性脂肪を減らすような食品を取ることを心がけてもらいたい。ニンニク大豆には、過剰なコレステロールを除去し、脂質の生成を抑える働きがあり、黒酢に含まれるアミノ酸にも同様の効果があります。イチョウ葉の成分ギンコライドは、血管を拡張して血行を促進し、青身魚に含まれるEPADHAは、脂質の生成と血小板の凝集を抑制し、血液をサラサラにします。霊芝高麗ニンジンには血圧を正常にする効果があり、動脈硬化のほか、高血圧など、循環器系の病気全般に有効です。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved