もの忘れが激しい方、健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

物忘れが激しい方に薦める栄養素

物忘れのメカニズム

物覚えが悪くなったり、人の名前やものの置き場所を忘れるようなことは、誰にでも経験があるでしょう。それは生理的な老化現象によるもので、加齢と共に神経伝達機能が低下してくることに由来します。人間の脳細胞は約140億個ありますが、40歳を過ぎると1日に5万から10万個の脳細胞が死滅していきます。年とともに物忘れが多くなるのも仕方が無い面があるということです。単に物忘れといっても判断力や思考力はしっかりしていて、日常生活には支障が無い健忘と老人性痴呆とでは、性質が異なります。痴呆の場合、今日が何日なのかという時間の見当や自分のいる場所がわからないなど見当識に障害が現れてくるのが特徴です。

物忘れこんな症状は要注意

老人性痴呆の場合、放置しておくと痴呆の進行が早くなるので、早急に脳外科の診察を受けたほうがよいでしょう。老人性痴呆には次の二つの種類があります。一つは脳の神経細胞を養う末端の毛細血管が何箇所かつまりその先の脳細胞が死んでしまうことで脳の働きが低下してしまう脳血管性痴呆と脳全体が萎縮することによって起こるアルツハイマー型痴呆です。この両方が併発する場合もあります。脳血管性痴呆の場合症状が段階的に進み、脳の働きがある部分では非常にしっかりしているなど、痴呆がまだら状にあらわれます。一方、アルツハイマー型痴呆は症状がなだらかに進行していくのが特徴です。

物忘れ予防、解消のために

脳の中では数千億個のニューロンがつながっています。脳の中の記憶を呼び出すには、神経細胞と神経細胞の間を信号が伝わらなければならないがそのために必要なのはドーパミンやノルエビネフリン、セロトニン、アセチルコリンなどの神経伝達物質です。神経伝達物質が作られる為には様々なビタミンやミネラルを必要とされるが、特に物忘れにはビタミンB6が有効と言われます。その他アセチルコリンを作る働きのあるホスファチジルセリンDMAE(ディメチルアミノエタノール)、脳の毛細血管の血流をよくするイチョウ葉エキスなどもおすすめです。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved