ガンが心配 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

ガンが心配な方に薦める栄養素

ガンのメカニズム

1981年以来、日本人の死亡原因トップはガンとなっています。3人に1人がガンにかかり、4人に1人強がガンで死亡するという計算です。ガンはあらゆる細胞に発症する可能性があるが、日本人に多いのは肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮ガンの順です。実際には、色々な発癌物質が見出されてきたが、「遺伝子」がクローズアップされてきたのは周知のところでしょう。しかし近年、その大部分が生活習慣にあることが解明されてきており、特に食生活がガン発生原因の3分の1以上を占めると見る研究者が多い。「ガンを予防する食物はなにか」また「どう食べればよいか」を突き止めていくことが最近のガン予防の重要なテーマになっています。

がん予防の為に

正常な細胞ががん細胞に変わり、発見されるまでには長い年月がかかります。この間、体内の免疫力が高く維持されていれば、がん細胞への変化を防ぐことができます。細胞のガン化を促すきっかけの一つは、活性酸素による酸化がある。この酸化を抑制したり、還元してやればガンを抑えることができる。ガンの発生を抑える作用のある食品としては、キノコ類、高麗ニンジンハトムギプロポリスなどがよく知られている。中でも、特にキノコ類にはβ‐グルカンという高い免疫作用を持つ多糖類が含まれ、マイタケシイタケ霊芝アガリクスにはこれが豊富に含まれています。またシイタケから抽出したレンチナンは抗がん剤になっています。ビタミンCビタミンE、お茶に含まれるタンニンなどには、細胞のガン化を抑える作用がある。ビタミンAには粘膜や細胞膜の免疫力を高める働きがあります。発癌物質を防ぐには、食物繊維をとることがよいといわれ、がん予防にはこの他にも様々な食品が挙げられるが実際の食生活で不足するものはサプリメントなどで補うと効果的です。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved