不眠 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

眠れない方に薦める栄養素

不眠のメカニズム

体が活動しているときは交感神経が働き、睡眠に入ると副交感神経が働きます。ところがこの二つの神経支配の切り替えが上手くいかないと眠れないということになります。しかし不眠を訴える人の約6割は、寝つきが悪い、眠れないと思い込んでいるに過ぎず、心配の要らないケースです。精神生理性不眠と呼ばれるもので、神経質な人に多い。寝る直前に食事を摂らないようにする、適度な運動や入浴で血流の流れを良くし、緊張や興奮を鎮めること等が有効です。眠れないと感じていても、強い疲労感が無ければ心配ないが、眠れないことで疲労がたまったり、精神障害が疑われるような場合は、検査や治療が必要となるケースもあります。躁鬱病など精神障害による不眠、高血圧動脈硬化など内科系の疾患によろ不眠もあるので要注意です。

不眠こんな症状は要注意

夜中に何度も目がさめて、気分が悪くて起きられない状態が続く場合はうつ病、夜中に何度も目がさめると共に、頭痛めまい肩こり、動機などを伴う場合は神経症、早朝や真夜中に目がさめ、その後眠れなくなるが、眠れなくても平気で動き回れる状態はそううつ病の疑いがあります。高齢者の中には、高血圧症動脈硬化などが原因で眠れない場合もあります。また、ひどいいびきをかく人が注意しなければならないのが、睡眠時無呼吸症候群によって何度も目がさめる場合です。眠っている時に断続的に呼吸が止まってしまう為、呼吸が苦しくなって目がさめるもので、専門医に相談することをおすすめします。

不眠解消の為に

夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのが、松果体が分泌しているメラトニンというホルモンです。中年以降になるとメラトニンの分泌が不十分になることで不眠を生ずる場合があるので、5HTP(5ヒドロキシ・トリプトファン)を活用することをおすすめします。イライラやストレスなどが不眠の原因ならば、気持ちをリラックスさせる為に、ビタミンB6マグネシウムを摂取することが有効です。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved