グァバ茶、健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

グァバ茶

グァバは、熱帯アメリカや東南アジアを原産地とするフトモモ科の落葉小高木で、日本ではバンジロウとして知られています。果実は生食やジュースにされますが葉もお茶として利用されています。沖縄や台湾では、糖尿病、下痢、歯痛、口内炎、胃潰瘍に効果があるお茶として古くから愛飲されてきました。グァバの主な成分は、葉緑素、葉酸ビタミンAビタミンB2ビタミンCビタミンEカリウムで、多種類のタンパク質、多糖類を含みます。またグァバの葉の乾物にはビタミンB郡ビタミンCのほか、ビタミンUと呼ばれるビタミン様物質も含まれています。ビタミンUは胃酸の分泌を抑え、胃粘膜の新陳代謝を促進させることから、胃潰瘍などを改善させる効果があります。グァバ茶には古くから糖尿病を改善する効果のあることが経験的に知られていたが最近の研究によりグァバ茶に含まれる「グァバ茶ポリフェノール」の作用によって、食後の血糖値の上昇を抑え、糖尿病を予防する効果があることが科学的に明らかにされました。グァバ茶ポリフェノールには消化酵素の働きを抑える糖質分解酵素活性阻害作用があるため、1部の糖質はブドウ糖に分解されずそのまま大腸で腸内細菌に利用されるか体外に放出されます。結果的に小腸から血液に吸収されるブドウ糖の量が減少するので血糖値の上昇を抑えることになります。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved