ヨード卵 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

ヨード卵

鶏卵は必須アミノ酸をバランスよく含んでいることで知られているが、ヨード卵は海藻やヨードなどの餌を食べて育った鶏が産んだ特製の卵です。1個の卵中に400〜700μgと、普通の卵の薬20倍ものヨードを含んでいます。

ヨード卵の作用・効用は、ラットを使った実験によっていくつか確認されています。一つは「肝臓のグリコーゲン貯蔵量を高める」作用です。これによってスタミナもつき、疲れにくくなります。これはヨード卵を食べることによって、中性脂肪やコレステロールを分解する働きのあるリポタンパクリパーゼという酵素を活性化するためで、エネルギー源であるグリコーゲンを肝臓や筋肉に貯える代わりに、脂肪代謝を促進してエネルギー化できるわけである。

次に、脂肪代謝に関連して、動脈硬化や高血圧の予防に役立つというデータもあります。動物実験によると、餌がヨード卵粉、普通卵粉の2グループに分け、1日2回の食事前と、休息期の計3回の測定で血中の脂質(中性脂肪)、コレステロール、リン脂質は、どれもヨード卵を食べているネズミの方が低い数値が出た。これはヨード卵を食べることによって、脂肪の代謝がより活発に行われている証拠であり、肝臓から放出する脂質の量の低下が大きな理由であります。血液中の中性脂肪やコレステロールの濃度を調整する最も重要な機構は、肝臓での脂質の合成と、それに引き続いて起こる血液への脂質の放出度にあります。この放出度は、ヨード卵を食べた方が低いことがわかった。

その他、ヨード卵の優れた効用は、心臓や筋肉、脂肪組織等による中性脂肪除去作用の高まりである。血液中の中性脂肪が1分間につきどのくらい除去されるかを調べると、やはりヨード卵を与えたネズミの方が強いという結果になった。これに加えて、リポタンパクリパーゼの活性化である。リポタンパクリパーゼは、体の毛細血管壁に分布している酵素で、血管を流れる中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し、エネルギーに変える働きを持っています。このため、リポタンパクリパーゼが活性になれば、余分な中性脂肪の分解を促進し、血液中の脂質を自然に減少させることができる。このように、ヨード卵は中性脂肪の代謝を促進し、その血中濃度を低く抑制する生理的効果が顕著なことが実証されています。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved