わけぎ 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

わけぎ

わけぎはシベリア原産で、日本には中国から4〜5世紀に到来したと言われています。春先から初夏にかけて、ねぎの欠乏期に代用され、酢味噌和え、ぬた、澄まし汁、鍋物のあしらいなどに使われてきました。

わけぎはねぎとたまねぎの雑種で、分類学上はねぎと別種であるが、ニンニク、ねぎ、ニラと同じくユリ科に属するので、特有の匂いを放つ硫化アリルが含まれており、これが体内に長くとどまって、ビタミンB1が吸収されやすいように働きます。従ってビタミンB1が有効に体内に取り入れられ、糖質の代謝が円滑に進み、全身に活力が生まれます。また肝臓による体内毒素の代謝を促進し血液が浄化される。ビタミンB1は熱やアルカリに弱く、水にも溶けやすいために不足しがちな栄養素であるので硫化アリルの働きは非常に貴重なのです。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved