キノコキトサン 健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

キノコキトサンとは

キノコキトサンとは、食用キノコから生まれた「β‐グルカン複合キノコキトサン」です。腸内コーティング作用や脂質の抱合作用のよる脂質の吸収阻害の為、中性脂肪やコレステロールの改善などの機能が認められています。キノコは、キチンやβ‐グルカンなど様々な複合多糖類を含んでいて、それらが相互に絡み合ってキノコの形を保っています。キノコキトサンはこの構造を壊さないよう処理し抽出したものです。

キノコキトサンの特徴

キノコキトサンβ‐グルカンキトサンからなる複合食物繊維です。水にも酸にもほとんど溶解せず膨張します。酸に不溶で膨張する性質はカニ由来のキトサンとの大きな違いです。また分子内にβ‐グルカンを含んでいることが体内で多量の油脂を緩慢に抱合する結果としてあらわれているものとして考えられています。さらにキトサン食物繊維にない特筆すべき性質として海面活性的効果があげられます。キノコキトサンの希薄な溶液は油分を抱合・洗浄する強力な作用を示すことがわかっています。食前にキノコキトサンを摂取することにより腸粘膜細胞をキノコキトサンで薄くコーティングして脂質の吸収を抑制する効果があることもわかってきました。

キノコキトサンの生理作用と期待

今まででわかってきたキノコキトサンの作用には、コレステロールの抑制作用、脂質吸収阻害などがあります。このような現象は高脂血症の予防や強力なダイエット効果につながります。腸内環境に対する影響としては、高分子の複合食物繊維の膨張作用と比較的低分子の複合食物繊維によるビフィズス菌増殖作用の効果が期待できます。また多くのキノコには抗がん作用を持つ多糖類が含まれていることはあまりにも有名ですが、キノコキトサンにも繊維成分のβ‐グルカンが構造的に複合しているので、従来のキトサンと違う免疫賦活作用が期待できます。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved