大豆タンパク質|健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

大豆タンパク質

大豆にはタンパク質が35%含まれており、その大部分はグロブリン(単純タンパク質)です。大豆タンパク質の健康機能性では、血清コレステロールの低下作用が知られています。脱脂大豆から得られた分離大豆タンパク(タンパク質の含量が90%以上)を使った動物実験やヒト試験では、

@コレステロール値の高い人に対しては総コレステロール値を下げる。
A正常なコレステロール値の人に対してはコレステロール値を下げない。
B悪玉コレステロールであるLDLやVLDLだけを選択的に下げ、善玉コレステロールのHDLは下げない。

などの結果が得られています。

分離大豆タンパク質を利用した食品は、「コレステロールが高めの人の食品」として特定保健用食品になっています。なお、アメリカでは1999年11月、FDA(食品医薬品局)が大豆タンパク質を含む食品に対して「飽和脂肪酸とコレステロールを低減させることで心臓疾患のリスクを減らす」といった効能をラベルに明記してよいことを許可しています。規定によれば、1食相当6.25gの大豆タンパク質を含み、余分な油脂を含まないことが最低の条件になっています。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved