セントジョーンズワート、健康食品・サプリメント成分ナビ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品・サプリメント成分ナビ

健康食品・サプリメント成分ナビHOMEに戻る

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートはWHO(世界保健機構)が全人口の3%にも達すると試算する程増えている鬱症状への著しい効果でアメリカに旋風を起こしたハーブです。セントジョーンズワートはオトギリソウ科の多年草で古代ギリシャでは「悪魔をはらうハーブ」として、外用で切り傷、火傷、神経痛、内服して不眠・不安症、更年期障害、鬱症状に対して伝統的に用いられてきました。中国や日本に産する同じ仲間のオトギリソウも、全草を採取・乾燥したものが少連翹の名で漢方薬に処方され、民間でも外用薬とされてきました。薬草としての近年の研究・利用は特にドイツで活発に行われ、副作用のある抗鬱剤に代わり年間300枚もの処方箋が書かれているといわれその人気はアメリカにも飛び火したことになります。含有成分として多数のフラボノイドのほかに精油成分のヒペリシンが特徴的でヒペリシンは鬱を起こす酵素であるモノアミンオキシダーゼの作用を阻害することが認められ、さらに老化・生活習慣病・不眠症・高血圧・高脂血症などを改善する脳内ホルモンのメラトニンの活性を高める作用があります。

健康食品・サプリメント成分ナビのトップに戻る

健康食品・サプリメント成分ナビリンク集はこちら

(C)copyright 2006.健康食品・サプリメント成分ナビ.all rights reserved